今更学ぶこと

 09, 2017 14:27
その昔、娘がまだ小学校の低学年だったころ、「音読」の宿題がほぼ毎日ありました。

毎日、夕食の支度で忙しくしている時間帯に、毎日ほぼ同じお話を聴いて感想を書いてハンコを押す。
ほんの数ページだし、時間にしてもほんの数分のことなのに、わたしには面倒くさくてしょうがなかった。
宿題だから仕方なく聴いていたけど、料理を作りながらだとか、なんか違うことをしながらとか、わりと適当にやっていた。
今、こうして書いていても、可哀想なことをしていたなぁと、思う。

家事でも育児でも外で働くことにしてもなんにしても、「やること」に手間暇をかけることは際限なくできることなんだけど、でもそれを毎日毎日続けていくことは、日々の暮らしの中で本当に大変な労力が必要だったり効率が悪かったりすることもあるので、大抵の人は「だいたいこの辺で」と、自分なりの匙加減でそれを決めてやっていくもんだと思うし、それは全く否定しないんだけど、その匙加減がどう考えても甘すぎる怠け者もいる。
まぁ、わたしのことなんだが<(`^´)> ←威張れることではない。

最近、特にそれを感じるのが、息子と一緒にやっているゲームで、前にも書いたけれども息子は3DSというゲーム機の(と、言うか、ゲームのコントローラーのほとんどの)LRボタンが押せなくて、(手が握ったまま開かないので)ゲームに支障が出ている。
LRボタンってのは、アイテムを使ったり走ったりパズルを解いたりね、結構いろいろ使う。
だからLRボタンを押すことが出来るように、友人知人や、訪問リハビリに来てくれているPTさんやOTさんに相談してみたりしているんだけど、あまり良い手段にまだ巡り合えていなくて、まぁ、仕方がないのかなぁ。。とも思っていた。
時々ネットで流れる「神対応」と呼ばれているゲーム会社とかに、お手紙のひとつでも書いたらいいのかしら?と思うこともあったけど、なんとなくしないでこのまま来てしまった。

で、そんな中、わたしがモンハンを始めたときから、ずーっとわたしとケイをサポートしてくれているフレンドさんが、パネルカスタマイズのことを教えてくれたのがちょうど1週間くらい前だったかな?
パネルカスタマイズと言うのは、やっているモンハンと言うゲームで、3DSの画面が上と下に分かれているんだけど、下の画面にいくつかの操作ボタンを配置できるようになっていて、アイテムを並べてみたり地図を表示させたり自分の使いやすいようにカスタマイズできる。
それは一応以前から知っていて、たぶんケイの通う施設の職員さんが「こういうのがケイくんには必要かな?」と考えてくれたものをセットしてあって、すごく時間をかければ押せないこともない感じだったので、まぁ、もうちょっとケイにあった感じで並べ替えをしてあげようかなぁ。と、思ってはいたものの、説明書を読むのがちょっと面倒で、なんとなーくあとでやるかな~と思いながらずっと放置していたんですよね。

で、フレンドさんが自分のセットを写真に撮って見せてくださって、ケイくんが押せなければ、momeさんが横から押してあげればいいし。みたいに言っていて、「あ、確かに、その方がLRボタンを代わりに押してあげるよりずっと楽だわ・・・」と思って、じゃぁ、ちょこっと見てみるかぁ・・・と、重い腰を上げたんですよ。

そしたらもう!すっごいの!

ケイの右手が乗っかっているABXYボタンのすぐ横に、アイテムを選ぶことが出来るボタンを置いてみたら、なんと!ケイが少し手をずらすことが出来て、自分でアイテムを選べたんですよ!!!(しかもカスタマイズは全然難しいことは無かった)
隣で見てたわたしは「えーーーーー!」だし、やってる本人はめっちゃ顔を赤くして興奮して喜んでるし、おまけにどや顔だし。
今までの悩みはなんだったのーーー?って感じですごかった。
フレンドさんにめちゃめちゃ感謝の気持ちと、怠けていた自分に喝だよねぇ。って。

DSC_3090.jpg

いくつかボタンを並べてあるけど、ケイが押せるのは「アイテム選択」のやじるしと、スキルを使うところと、一番右下のボタンの3か所。
いやいやこれでも本当に充分すぎるほどで!
ケイのゲームのパフォーマンスが劇的に上がりました。

こういうことが一緒にゲームを始めてから何度となくあって、モンハン部のお友達とチャットをしている時も、お母さん頑張ってるねーって言われて、「子どものドリル見てるみたいだよー」なんて返したことがあったんですけど、本当にそんな感じで、ほんの少しの時間で良いから、子どもと向き合うっていうか、何かを見てあげるっていうか、そういうのって本当に大切なことだったんだなぁって、ほぼ子育てが終了した今更に思ったわけなんですよね・・・。

手抜き育児で本当にうちの子たち、可哀想なことしたなぁ・・・・って。

もちろんね、今育児真っただ中のひとは、いっぱいいっぱいで「そんなこと言われてもこれ以上出来ないよ~」って泣きたくなると思うから、こうしたらいいよ!なんてことは言わない。
でも、こういう後悔もあるよーってことを心の隅っこにおいといてもらったら、たまーーーーーーーに思い出してくれたら。って感じかなぁ。

そういうのが、なんの苦もなくできているひとは、ただもう、本当に純粋に、すごいなぁって思う。
そういう人に憧れるけど、しょうがないよね、器が違うんだもん。
自分は自分の器の中で出来るだけ、だよね。


あ。


それをやってなかったからの後悔なんだった!(´∀`*;)ゞ




ランキングに参加しています。
クリックいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 介護ブログ 介護と育児へ
にほんブログ村






スポンサーサイト

エイリアンズ

 24, 2017 18:39
<KIRINJI>というバンドがある(あった)んですが。

90年代の終わりくらいに堀込高樹さんと弟の堀込泰行さん兄弟で結成してたバンドなんですね。
で、数年前に弟の堀込泰行さんが脱退して、今はお兄さんの堀込高樹さんが新メンバーを加えて活動しているんです。

なので、わたしにとっての<KIRINJI>は、兄弟でやってた頃の<KIRINJI>なんですが、最近、CMでその<KIRINJI>の<エイリアンズ>という曲が使われてサビの部分が流れるんです。

わたしはこの曲がとっても好きで、と、いうか、この曲を聴いて<KIRINJI>のファンになったと言っても過言ではないくらいで。
何年か前に、この曲を知ったときは、一日中何度も何度もリピートして聴いていました。


DSC_2840.jpg


それだけ大好きなので、もちろん車にも<KIRINJI>が積んであるので、何教育かわかりませんが、息子も<KIRINJI>が大好きです^-^

で、CMで流れているエイリアンズを聴いて、息子が一緒に歌うのを聴いて、なんとなく数週間前に車の中で口ずさんでいたら、涙がボロボロと流れ出ました。
歌っていうのは、やっぱり、その時々の気持ちとか状況とかそういうものととてもリンクしやすくて、今まではなんとなく音が、浮かぶ風景が好きだった歌でしたが、そのセリフの、歌詞のね、意味はこのあたりにあるのかな?と、腑に落ちたような衝撃が走って、この気持ちを忘れずにいようと心に誓ったのでした。


「僕の短所を、ジョークにしても眉をひそめないで」


心に、留めておく。

エイリアンズ





ランキングに参加しています。
クリックいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 介護ブログ 介護と育児へ
にほんブログ村




もどかしさ

 07, 2017 04:02
先日、「息子のために」3dsとモンスターハンターダブルクロスというゲームソフトを買ったんです。
何個か前の記事にも書きましたが、モンハンは息子がやっているゲームで、わたしはやってなかったんですね。
そもそもDSを持っていないし。
で、いろんな事情が重なって、わたしもモンハンを始め、今では結構楽しく日々やってるんですけど、やっぱり自分でやってみると、息子の何が問題だったのかが、結構見えてくるものでした。

LRボタンが押せないことが、このゲームにおいて、かなりの致命傷であることとか、ゲームを進めるうえで重要になってくる属性だとかスキルのことだとか、そういうゲーム自体の事から、ゲームの中でプレイヤーが決めたローカルルールやネットリテラシーとか、そういうものまで、細かいことがやっぱりケイには少し難しかったなぁってつくづく思いました。

まぁ、世の中にも、ゲームの中にも、多種多様な人たちがいることは事実なんだけど、たぶん、まさか、身体にも知的にもハンディキャップがあるひとが、自分と同じフィールドで遊んでいると、「普通」思わないのだろうと思います。
だから、「なんか変なヤツ」と思われるし、「何こいつ?」みたいな反応があるんだろうなぁ。
そうやって、「あぁ、なるほど、こういうところでいじめられたりするんだな」と言うことも分かったし、それとは逆に、いやでもどうしてなかなか、よく頑張ってるじゃないか。と、いうのもわかって、自分もゲーム始めて良かったなぁって思いましたね。

で、わたしの方ですが、このモンハンというゲーム、一人で戦わないといけないクエストと、4人以内で戦うクエストがありまして、最初は礼儀も何もわからないし、一人でコツコツやってたんです。
でも、4人以内で戦うクエストをこなさないと、ハンターランクというものが上がらない仕組みになってるんですよ。
モンハンは、いわゆるレベルの概念が無くて、そのハンターランクが上がるごとに行ける場所などが増えて、戦えるモンスターが増えて、ゲットできるアイテムが増えていき、そのアイテムとかで防具や武器を作るんですね。
なので、強い装備を作るには、強い相手と戦ったり、新しい土地に赴く必要がある。
つまりハンターランクを上げないと進まないんです。


DSC_2757.jpg


ソロで戦うクエストではハンターランクが上がらないし、ソロで戦う相手もどんどん強くなるし、ハンターランクをあげて強い装備を作る必要が出てきて、集会所(4人以内で戦うクエスト、オンラインなどでパーティーが組める)クエストをやらないとなぁって感じになってきた。
だけど!見知らぬ人と、礼儀作法も何もかもわからないところで出来ない!
しかもチャイムがなったり電話が鳴ったり、そんなときどうしたらいいの?離席していいの?いや、ダメだよね?
と、あれこれ考え、息子に手伝いを頼むと、なぜか断られ!
え?さんざん手伝ってあげたのに!ひどい!(モンハン部の人や息子の通所施設の職員さんに言いつけた 笑)
言いつけたおかげで?少しは手伝ってくれるようになったけど、やっぱりあんまり気乗りしないみたいで、無理やり頼むものでもないし、まぁいいかーと放置してたんです。

そしたら、ブログのお友達が「お手伝いしますよ~」って声をかけてくださって、一緒にハンターランクを上げるクエストに行ってきたんです。

で。

初めてじゃないですか。息子以外の人と一緒にプレイするの。
部屋のつくり方もよくわからないし、チャットの仕方もほぼわからないし、しかも、モンハンの、と、いうかDSの?
チャットって五十音が並んでて、それをポチポチ押すやつなんですよ。
なんか昔の和文タイプライター打ってる気分!(古すぎて共感を得られないであろう 笑)
ぜっんぜんチャットが出来なくて、言いたいことの10分の1も伝えられなくて、こんなにもどかしい思いをしたのは久しぶり!(笑)

20年前、初めてパソコンを買って、初めてチャットをしたときですら、もっとタイピングは早かった(ワープロ使ってたしね! これも古い 笑)
もう本当に何もしゃべれないの、お友達のお子さんも一緒に遊んでくれたので、ちゃんとご挨拶もしたかったし、二人に心からのお礼も伝えたかったし、めっちゃめちゃサクッと終わったクエストにも驚嘆してて、それも伝えたかったけど、何も言えない!w
DSでチャットするのは諦めて、LINEでお礼を伝えたけど、なんかもう色々テンパっちゃって。

この後どうしますか~?なんて、まだ遊べるよー的な優しい言葉をかけてくださったんだけど、このほぼ無言の状態で、しかも気持ちがテンパってて、まともに続けられる自信が無い。
2回戦目では大切なアイテムも忘れて行ったし・・・(速攻クエストが終わったのでアイテムが無くても何とかなった)
「マタ、ワタシ、ナニカ、シッパイスル・・・・・」
いや、失敗は別に良いんだと思うんだ。初心者だしね、いろんなこと求められてないはず!
それでもやっぱり、クエも2度目なら、少しは上手に愛のメッセージ伝えたい!
そんなわけで「もう少し学びたい」と、いろんな説明を端折って、謎のセリフを吐きました(やっぱりテンパってた 笑)
イロイロゴメン。

しかしつくづく、初めての「オンライン集会所クエスト」の相手が友達で良かった・・・。
見知らぬ人の中に飛び込んだら、確実に晒されるレベルだった・・・。


しかもね、1回戦が終わった後、お子さんがわたしに、「momeさんもリモ(私が使っている武器)も、もっと強くなれますよ」って、言ってくれたんです。優しいなぁ~!!
コスモママさん、コスモくん、本当にありがとう!



ランキングに参加しています。
クリックいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 介護ブログ 介護と育児へ
にほんブログ村




ゆくとし

 31, 2016 22:09
駆け足の年末は、クリスマスやら大掃除やら、夫や猫の体調不良に加え、わたしの日ごろのメンテナンス不足がたたり、体中が痛くて悲鳴を上げています。

マッサージにもっとマメにいかないといけません。
ひどい肩こりでね(ストレートネックもあるし)

以前ね、時々訪問(出張)のマッサージを受けていたんですけど、とってもいい先生だったんですけど、そのお店をやめてしまわれたようで、それからマッサージ放浪者なんです。
あの先生以上に、わたしのゴリゴリの体をほぐせるマッサージ師さんにはまだあっていない・・。

それでも、何人かのいい先生との出会いもあったので、少しずつ、なんとかするようにしていくつもりです。
まわりくどいw

今日は、夫が実家に帰っていて(夫の母が少し前に手術をしたので)結婚して26年、初めてバラバラに過ごす年末年始です。
みんなで一緒に行ければよかったんですが、新幹線の車いす席を取るのは大変なんですよね。
しかもこの年末年始の乗車率では、息子への負担が大きすぎる。
まず、介護タクシーや福祉車両のレンタルも無いでしょうしね。
だから、春の頃、もう少し暖かくなったら、みんなで行きたいなぁと思ってます。

しかし、年末年始になにを食べたらいいかとか、どうやって過ごそうかとか、初めてのことなので、なんか落ち着かない年末です(笑)
とりあえず、除夜の鐘の鳴るころには、近所のお寺か神社にでも行こうかなぁと、ぼんやり思っています。

さて、まだ忙しい日々が数日続きますが、なるべく体を休めるようにして過ごしたいと思っています。

今年、お付き合いいただいた皆様、本当にありがとうございました。

いろんなブログさんを回り、いろんな記事や写真などを見させていただきました。
どれもとても面白く、楽しい時間を過ごしたり、いろいろ考えさせられることがあったりもしました。

来年は、もう少し時間に余裕をもって、思うことをコメントに残せるくらいになりたいと思ってます(笑)

それでは、良いお年をお迎えください!

P1240856.jpg




ランキングに参加しています。
クリックいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 介護ブログ 介護と育児へ
にほんブログ村





なかなか納まらない

 17, 2016 16:58
「しっくりくる場所」と、いうものはなかなか難しい。

DSC_1463.jpg


最初にこのブログを作ったとき、ケイの食事についての日記だったので、ジャンルは「育児」なのかなと思ったけど、少しして、ケイのことだけではなく、自分が思うことや家族のことも増えたので「日記」の「家族日記」に身を置いてみた。

それでも毎回テーマを選ぶとき、「育児」なのか「福祉」なのか「介護」なのか、微妙に悩んで、結局モヤっとしたまま選ぶ日々。

FC2には自分のブログをジャンル別に登録してランクを付けるシステムがあって、管理者ページから自分のブログのランキングを見ることが出来る。
ついでに、同じページでジャンルの上位ブログや自分と近い場所にいる「お隣さん」が表示されるので、そういうブログを観に行くこともある。
大きなジャンルとその中の小さなサブジャンルを登録できるので、サブジャンルなんかは特に同じような趣味の人が多く、興味のある話題も多い。
わたしはこの「ごはんですよ」以外にも「風と幻灯」という猫ブログを付けているけど、ジャンル:ペットのサブジャンル:猫なので、トップに飛んでもお隣さんに飛んでも猫だらけなので、間違いなくニヤニヤできる。

しかしこのブログ「ごはんですよ」は、ジャンル:日記のサブジャンル:家族日記なので、それはもう、ありとあらゆる日記があって、わたしはいろんな方の日記を結構楽しんで読んでいるんだけど、その読んでる先のひとたちが「足跡」機能を見て、「あ、このごはんですよって人が来てるから、お返しにいってみようかしら」と来てくれた時、「家族日記っていうか・・うん、違いはしないけど・・」と、微妙な気持ちになるんじゃないかと思うことがある。
そもそも、日記とか家族日記って、大雑把すぎるよね?(笑)

かといって、じゃぁ、「育児」ジャンルにでもしてみようかと思っても、24歳の息子捕まえて、育児もないんじゃないかとか、じゃぁ「福祉」の「介護」はどうかと思ったけど、介護ジャンルを見てみると、高齢者の介護が中心になっているので、それともちょっと違うよなぁと。
それでさんざん迷って、ジャンルやサブジャンルを見たんだけど、どれもこれも「しっくり」こない。
結局、悩んだ挙句、ジャンル:心と身体・サブジャンル/病気・症状を選択してみた。

違うような気もするんだけどさぁ(笑)

だって、食べたりしたもののこととか、全然違うしw


じゃぁ、やっぱり「家族日記」?

うーん、しっくりこなーい。



まぁ、とりあえず、このジャンルに少しの間お世話になってみよう。
ケイの病気(福山型筋ジストロフィー)のこともあるけど、実は、母(わたし)もいろんな病気を持ってるし、経験してきたんだ。

自慢気に話すことじゃーないけどもね!(笑)


でも、誰かが同じ症状で検索してくるかもしれないし、気休めになるかもしれないから、少し、母のこともまとめてみようと思う。



ランキングに参加しています。
クリックいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 介護ブログ 介護と育児へ
にほんブログ村


WHAT'S NEW?