母の日でしたね

 17, 2017 10:06
たぶん、わたしが子どもの頃から家では季節ごとのイベントを大事にしてきてくれたように思います。
だからわたしも当然のように、自分で家庭を持ってから、季節のイベントは大事にしてきました。

夫も男性には珍しい方だと思うんですが、そういうイベントごとがとっても好きで、誕生日や結婚記念日とかも忘れられたことがありません。
と、いうか、プレゼントとか欲しいものが無かったりして「いらないよー」と言うと悲しむレベルです。

だから母の日も、わたしは夫の母では無いんですが、夫からのプレゼントが必ずあります(笑)

嬉しいです。
嬉しいですけどね、つまりわたしも父の日には夫に贈り物をしなくてはならないので、もう、お互い無しでいいんじゃない?と思ったりもするんですが・・・。寂しい顔をされると・・・。
難しいですね(笑)


で、今回の母の日は、息子から手作りカードを、娘からはわたしが欲しがっているゲームのDL代プラスアルファの現金を(笑)
夫からは、本屋で見て「これ、いいなぁ」とわたしが手に取った絵本と、ちょうど買い替えようと思っていた、普段近所に買い物に行くときに使えるくらいの鞄を頂きました。

DSC_2796.jpg


わたしは、服にはほとんどこだわらないんですが、靴と鞄には結構なこだわりがありまして。

決して高級ブランドのものだとかのこだわりじゃなく(むしろ気に入ってるものが安いと嬉しい庶民です 笑)、いかに自分のニーズに合っているかがすごく重要なんですね。
鞄はよっぽどおしゃれな場所に行く以外では(めったにあることではない)、斜め掛けできるショルダーがついているのが最重要で、次に重要なのが、大きい長財布とケイの診察セット(保険証、診察券などいろいろ入ったB5サイズのファイルケース)が入ること。
そしてポケットが3つ以上あって、ものが取り出しやすいこと。
それから自分ではわからないんですが、どうも好みの形があるようで、「この鞄、かわいいなぁ」とウインドウショッピングの際呟くと、必ず夫が「momeっぽい 笑」と笑うのです。

今回買っていただいたのは、通販で有名なニッセンのたぶんオリジナルブランドの<NIKOLA HARRY>の斜め掛けバッグ。
このNIKOLA HARRYの鞄がかなり好きで、今回で4つ目です。
だいたい6000円くらいからのお手頃お値段で、作りもしっかりしてますし、何より好みに合う(笑)
クリスマスにはセール対象になっていたNIKOLA HARRYの鞄を自分用に買いました、2000円くらいだったかと!
良いお買い物でした(´ω`人)

絵本はこちら。
DSC_2803.jpg
独特の絵柄で、文章も良いです。


そして息子は、通所で作ったカードをくれました^-^
DSC_2800.jpg
「いつもありがとう」とがんばって書いてくれています。

「いつもありがとう」の上に描かれている絵は、モンハンと言うゲームの、ママのキャラクターなんだそうで、たしかに、こういう大きな竜の首の形の剣を持っているので、それだろうなぁと微笑ましくみていました^-^

そして、カードの上の部分に描かれているのは、「ぼく(自分)」←(一番大きく描かれている 笑)とママとメロンパンだそうです。

わたしは特にメロンパンが好きなわけではないので、なんでメロンパンなんだろうなぁと家族で話題に。
結局娘が「アートってわかんないもんだからな」と言って、みんなで納得しました(笑)


さて、娘としてのわたしは、実の母には千疋屋さんの果物ゼリーを、夫の母には山年園さんのお茶漬けセットを贈りました。
夫の母は一人暮らしだし、食事を作るのも食べるのも面倒な時があるだろうなぁと思って、お茶漬けなら食欲のないときも少しは食べることが出来るかなぁ?と。
去年も賛否両論さんの温めるだけの煮魚のセットを贈ったんですが、手軽に食べれるということでとっても喜んでくれました。
もっと近くて(夫の実家は宮城)ケイのケアのことが無かったら、食事を作りに行ったりできるんですけどねぇ・・。
なかなか動けないので、夫のお兄さん夫婦にはお世話になりっぱなしで申し訳ないのと同時に、お世話に通い続けるのは大変ですから疲れているだろうなと、体の心配もあります。

うちの両親は幸いふたりともまだ元気で、特に母はものすごく元気でダンスに通ったり忙しく過ごしているようで、介護はまだ少し先かなぁ?と思いますが、そういうのっていつ来るかわからないですからね。
友達と先日食事に行った時も、みんな親の介護の話題でしたし。
そういう年齢になったんだなぁと、しみじみ思うのでした。




ランキングに参加しています。
クリックいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 介護ブログ 介護と育児へ
にほんブログ村





スポンサーサイト

なんという微熱

 07, 2017 11:55
ケイ、発熱しました。


しかしこれがまた、37度2分という、ひっじょーーに微妙な体温。
もともと平熱が低めで35度台から6度2分まであるかないかなので、確実にお熱であることは間違いないんですが、これがインフルエンザによるものなのかどうかの判断が・・・つかない。

ただ、今回夫のかかったインフルエンザ(B型)も、ほとんど熱が出なかったですし、ネットなんかでみてみても、高熱が出ない場合もあったり、普通の風邪症状ととってもよく似ているらしく、インフルエンザと知らずに普通に過ごして感染が広がったりするそうですよ、B型やっかいですねぇ。

なので、夫の様子とも合わせて、たぶんインフルエンザの発熱だろうと思い、主治医に連絡をしました。
本当は、そのまま入院の運びにしてもらいたかったんです。
と、いうのも、インフルエンザの急変が心配なのはもちろんなんですが、何より、ケアが出来ない・・。
昨日はヘルパーさんと相談して、ヘルパーさんの来られる日時とうちの希望日時のすり合わせをして、なんとかケア体制を整えたんです。
それで昨日の夜の就寝と、今日の朝の起床介助をしていただいて、朝、通所に向かう前に「とりあえずお熱はかるよー」と測ってみたら、37度2分。

熱、あるじゃん。


でも、微妙!

って状態。

主治医は、とりあえず予防投与しているタミフルは1日1回を10日間飲むんですけど、通常治療だとそれを1日2回の5日間みたいなんですね。なので、そのお熱を発症ととらえて、処方してもらったお薬で治療開始という決断。
「入院・・・無理ですよねぇ・・・?」と聞いてみましたが、「うーーーん」とお困りの様子。
確かに37度2分って微妙すぎるものね、保育所だって37,5度の涙って漫画があるように、37度2分じゃお迎えの対象にならない。んだと思う。

ねー。だから先生が困ってるのも、もう充分わかる。
でも、発症した以上、ヘルパーさんにお手伝いを頼むわけにはいかず・・・・。

ってか、インフルエンザなんだったら、もう、かかっちゃったんなら、夫がケアしてもいいんじゃない?

って電話中に思い至りまして、先生にそう伝えると、やっぱりそれも「うーーーん」
ですよね、だって確実に発症って決まったわけじゃないし。。。
確定診断するべき?でも、病院へ連れて行くのも一苦労なのよ・・・。
とりあえず、やむをえない時にだけなら・・。ということで、着替えとうんちのおむつ替えは夫にお願いすることに。

うんちのおむつは、インフルエンザだとしたら、たぶんウィルスがたくさんいるだろうし、わたしがうつるとさらに困るのでって理由。
着替えはこれがまたものすごく大変で、うちの子40キロありますけど、それをお姫様抱っこして車いすからベッド、ベッドから車いすと移乗するんですけど、わたしはこれをなんとか一人で出来るんですけど、それよりも大変なんです!
人の頭ってね、すごく、すごく、重たいんですよ。
しかも、うちの息子は首の拘縮があるので、硬いんですね、それを着替えのために片手で持ち上げなきゃいけないんですが、まぁ、数日腕が打撲したみたいに痛くて泣けるんです。
なので、この2点だけお願いすることにしました。


で。


わたし、どこにいたらいいの・・・?
家庭の中に居場所がない!!(笑)


うちは3LDKなんですけど
1・夫婦の寝室(夫隔離中)
2・娘の部屋(娘、逆隔離?)
3・夫婦の書斎(とりあえずわたしと猫、しかし狭いので布団を敷くスペースは無い)
4・リビングキッチンダイニング(リビングの一角に息子のベッドスペース)

昨日はリビングのソファで寝たんですけど。

娘の部屋もありかもしれないけど、万が一わたしも感染していたら、娘に移すことになるし、それは避けたいし(娘、受験生)
やっぱりリビングしかないのか。
寝室よりは広いし・・。

とりあえず日中は書斎に引きこもって、寝るときにリビングしかないか。





ホントは、今日、息子を通所に送り出したら、息子のベッドでお昼寝させてもらおうと思ってたんだ・・・。
昨日、リビングのソファで体が痛くて2時間くらいしか寝れなかったんだもん。。。涙


とりあえず息子は寝かせておく。
DSC_2277.jpg




ランキングに参加しています。
クリックいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 介護ブログ 介護と育児へ
にほんブログ村




自律神経と更年期

 01, 2017 15:21
結構いろんな病気とか症状を抱えています。

あ、わたし「mome」のことです。

定期的に病院に行っているのは、糖尿病(近所の内科)、バセドウ病(甲状腺専門病院)、緑内障(眼科)、掌蹠膿疱症(皮膚科)の4つですが、そこに時々、婦人科、整形外科、心療内科、歯科なんかが加わります。
どれも、ただちに命にかかわる大病ではないですが、きちんとケアしないと嫌な感じのことになる病気なので、ちゃんと通院していますしお薬もきっちり飲んでいます。

で、今、一番「ツライ」のが、体の痛みと倦怠感ですかね。
数年前からどうにも体調が悪く、いろいろ検査をしたんですが、どれも問題が無いんですよ。
問題が無いというか、その症状に合致した答えが見られないというか。
例えば、動悸や息切れ気持ちの悪さなんかが結構あるんですけど、1日心電図をとって「あ、今動悸があった!」って時にチェックをしても、心電図には表れてなかったりとかね。

で、大きな病院の総合診療部のようなところで検査をしたんですけど、悪いところが見つからないので、精神的なものだろうから精神安定剤とかそういうものを処方する。ということになるんですね。

あと、自律神経外来のある病院にも行きました。
この自律神経って、医療関係者の間でも意見が分かれているんじゃないですかね。
整形外科、漢方医、心療内科、などの一部のドクターが「自律神経はある」と思ってる感じですけど、そのほかのドクターは「気のせい」とか「精神的なもの」みたいな感じでとらえているんじゃないかなぁと思います。
わたしが「自律神経外来に行った」と言う話を問診ですると、怪訝な顔をするドクターは多いです。
だいたい「え?どこのなんていう病院?(はぁ?って顔付きで)」って感じですかね。

自律神経外来のある病院では、まずレントゲンを撮って、わたしがストレートネックであるということがわかって、この、首のですねつけね?肩につながっている部分。
そこのドクター曰く、そのあたりに自律神経があって、そこが圧迫されたりすることによってトラブルが生じるということでした。
わたしはその部分がカッチカチでして、マッサージに行っても、整形外科でリハビリをしても、夫が肩をもんでくれる時も「かたっ!!!」って感じで、ちょっと驚くくらいらしいです。
その自律神経外来のドクターもあまりの硬さに驚いて、とりあえず筋弛緩剤と自分で出来るストレッチの方法などを教えてくださって、とにかくそこを柔らかくしましょうと。
そんな感じで2か月くらい通って肩の痛みは軽減してたんですけど、他の症状があまりにも多くて、検査のためにほかの病院へ行ったのをきっかけに受診の間があいてしまって、通いずらくなってしまって、それきり行ってないんですよね。
また・・・行きたいんだけどなぁ・・・。
(なんかこういうの、ばつが悪くていけないタイプ)

あと、動悸とかは更年期障害でも出るので、婦人科も行ったんですよ。
それで、数年前に更年期かどうかを血液検査してもらっていて、その時はまだ違うという結果だったので、また検査をしてもらおうと思ったんですよ。
そしたら今回担当だったドクターが、「検査もそれほど正確なものでは無いし、結果更年期だったとしても、甲状腺ホルモンの病気があるからホルモン療法は出来ないし、できることといったら漢方を処方するくらいなんで、検査する必要ないです」って感じのことを言うのでね。

そうかもねー、でも知っておきたかったですけどねーと思ったけど、感じ悪いなぁと思って、あーそうですかーって帰ってきたんですけど、この病院は、時々、こういうタイプのドクターがいるんだよなぁ。
成城に古くからある病院なんですけどね、すごく混んでて人気の病院なんですけどね。
理事長がおじいさんで昔ながらのーの先生なんで好き嫌いは分かれますが腕はよさそうで、院長が息子さんで昔は感じよかったんですけど最近はお疲れなのかちょっと雰囲気変わったような感じで、あと娘さんもお医者さんでいるんですけど、娘さんはすごく良いです。優しくて頼もしいの。
で、その一族じゃない他の先生で、時々「へー、そんなこというー?」って人がいる。

まぁ、病院の愚痴を続けても仕方が無いので、ここまでにしますが(結構言った 笑)
ともかく、更年期「かもしれない」けど、はっきりしなくて、ついでに、お薬も飲めないので、他でアプローチするしかない。って状態です。

症状としては、動悸、息切れ、時々吐き気と不安感、あと肩、腕、手指、腰、骨盤あたりの痛み、倦怠感がメイン症状で、糖尿でお世話になっている主治医の先生に安定剤を処方してもらっていて、症状がある時に飲めば体の痛み以外には効いてくれるので、そっちはなんとかなっているんですよね。
だからあとは、痛みだけ。

毎日、湿布薬や塗るタイプの消炎鎮痛剤なんかを貼ったり塗ったりしてるんですけど、痛かったり痛みが引いたりを繰り返す。
一応リウマチの検査もしていて結果が出てるはずなんですが、実は過去にもリウマチの検査は3回やっているんですよね。
つまり、定期的に、こういう体の痛みがあったりなかったりを繰り返してて、レントゲン上なんかでは異常が無いんです。
で、リウマチを疑うけど、毎回それも陰性だったんです。
もちろん今回はわからないですけど、痛みの出方は以前と同じなので、また違うんじゃないかなぁ。って勝手に思ってますが、ともかく、結果を聞きにいかないと。
ついでにリハビリもしてもらわないと。

とりあえず、今日、息子が帰宅したら病院行って来ようかなと思います。



先日作ったハヤシライス
DSC_2231.jpg
ハヤシライスにグリーンピースは必要か否か。





ランキングに参加しています。
クリックいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 介護ブログ 介護と育児へ
にほんブログ村





今、何合目?

 12, 2014 07:17
昨日は、わたしの46回目のお誕生日でした^-^

お誕生日のひとは王様ですから、キッチン、片付けて。とかお願いしてみたり、洗濯物の山を見ても、しらんぷりしてすごしました。
王様は、お皿洗いとか、洗濯物たたみとかしないですからね。
王様らしく振舞ったのです。


昼間は、夫くんと娘がお金を出してくれたので、洋服を買いに行きました。
着古したパーカーが穴だらけなので、同じようなパーカーを買おうかとも思ったんですが、いろいろ考えて、チュニックにしました。


で、お買い物のあと、夫くんと一緒にタリーズでお茶をしました。

タリーズのロイヤルミルクティが大好きなんです。
お昼をまだ食べていない午後だったので、スイートポテトも食べました。
タリーズのスイートポテト、すっごくおいしいんですよっ!

そして家に帰って、遅めのお昼に、カップラーメンカレー味を食べて・・(お誕生日なのに!王様なのに!)

夜は、カニを食べました。

だって、お誕生日だから!王様だからっ!


じゃーん。

P1190265.jpg


で、記憶の良いひとは、「あれ?momeさん、去年も誕生日にカニ食べてなかった?」とか思ったかもしれませんが、そうです、その通りです。

去年はですね、カニを「もういや」ってくらい食べたいってテーマで、楽天でカニの足のセットを頼んだんですよ。

読み返してみると、わたしがカニをむさぼりたい。と言って、楽天で5キロのずわいがにの足と言う商品を見つけ、夫にプレゼンしたところ、「5キロなんてすぐ食べちゃうよ」と夫が言い、結局、2日がかりでカニを食べた。って話しで。

だから今回は、2キロパックを2ケース合計4キロ。特大ずわいの足。って感じの商品を頼んだんですよ。
で、昨日2キロ食べてみて、2キロだと若干足りない、3キロだと多いだろう。って感想を抱きました。

まぁ、なんで「特大」を選んだかといえば、やっぱり「カニ」ってあたりはずれが多いものだと思うんですよ。
船の上でパックして、そのまま出荷ってのも多いと思うし、養殖しているもんじゃないから、身がスカスカってこともあるわけで。
だから、特大を頼んでおけば、スカスカってことにはならないだろうなって思ったんですよね。

でも、んー。。。。
なんていうか、大味でした。
もちろん、普通においしかったですけど、去年のカニのほうがおいしかった。

実は、去年頼んだ店と、今年の店は違うんですよね。
でも、上にも書いたように。お店の問題ではないかもしれない。
だから、なんともいえないですけどね、まぁ、来年のお誕生日にカニを頼むとしたら、去年のお店にするかなぁ。


一応、去年のお店と今年のお店を紹介しておこう。

去年のお店「越前かに問屋 ますよね」

今年のお店「カニのキタウロコ」




あ、ところでタイトルですが、46歳って、どこらへんまで登ったのかなって(笑

節分でしたね

 05, 2013 10:46
日曜日は節分でしたね。

息子が、何日も前から「まきまきたべるんだよねっ!」とはりきっていたので、恵方巻きを食べましたよ。

この恵方巻きっていうか、まるかぶり寿司。
数年前から急激にのしてきて、あっというまに広まりましたね。

もう何十年も前に読んだ本の中に、このまるかぶり寿司のことが書いてあって、関西地方での節分のお祝いの風習だと知ってはいたんですが、こんな全国区になるとは夢にも思ってませんでした。

今じゃ、「それ寿司じゃないよね」って、恵方ロールケーキだとかもありますもんね。
なんでもまいてりゃいいのか。


で、まったく東京地方ではなじみの無かった恵方巻きですが、もちろん食べましたよ。
だって、こんなに楽チンなごはん、無いじゃないですか!

メニューを考えることもなく、ただ、巻き寿司を買ってきて「節分だからね^-^」なんて言って皿に出せばみんなが納得する。
素晴らしいじゃないですか!
主婦の味方!

そんなわけで、今回は、コンビニに行って、恵方巻き(ハーフサイズ)を4本買って、お皿にドンドンドン!と並べ、「はーい、節分のお昼ですよー」と済ませました。
息子、大喜び。

でもコレが結構侮れないというか、ファミマで買った、海鮮恵方巻きってやつだったんですが、意外と美味しい(笑
甘エビと、サーモンとマグロと、あと卵ときゅうりだったかな?そういうのが入ってて、結構いけましたよ。

息子が「どっちむくの?!」というので、「えーっと、今年の恵方は・・南南東だから・・・」


タキちゃんの骨壷のあたりだね!


と、言うわけで、タキの骨壷を見ながら、みんなで寿司をかぶりつきました。
縁起がいいのかなんなのか・・。


夜は豆まきで、「家の中には、こっちを撒いてね」と、小さな袋にパックされた豆を夫に渡していたのですが、その袋を破って家の中に巻き散らかしたので、夫、妻にかんかんに怒られるの巻き。

やはり今年も鬼はわたしのようで・・・。


さて。
今日は、急な仕事が入ったので、これから仕事をしなきゃいけません。

こんなに朝早くからブログを更新しているのは、単なる逃避です・・。

これからパソコンにかじりつかないといけないわけですが、こういうときに限って、急にアップルパイとか作りたくなる。


相変わらずの1年になりそうです。


WHAT'S NEW?