悪循環

 24, 2008 18:01
言いようの無い罪悪感が、この数年私の中にありました。


景は、自分で座ることも、体を支えることもできません。
体重は今、35キロほど。
たしかに、女手での介護は少々大変な域にあると思っています。

抱きかかえて、ベッドまで運び、オムツをかえる。
着替えさせて、寝かしつける。
入浴させる。

この三つが、私にとって、とても大きく大変なことでした。

やれば出来ないことじゃないと思うんです。
出来ないとしているのは、甘えだと、怠け心だと、いつも自分を責めていました。

オムツかぶれができたり、髪の毛が汚れたり、そんな景を見ながら、「なんで、もっとちゃんとしてあげれないんだろう」そんなことばかり考えて落ち込み、でも、結局は「大変で出来ない」という言い訳を自分にして、そしてまた、「本当に出来ないのか」と自分を責め、そんな悪循環の日々でした。

そんな中で、どんどんといろんな意欲も失せてきて、人に会いたくないと思い、軽い引きこもりのような状態になったり、寝つけない日々が続いたり、物事を順序だてて考えること、実行することが出来なくなっていきました。

それに比例するように、体調不良を訴える日が増えました。
その頃から、軽い鬱のような状態に陥って居たのだと思います。
理由もなく不安定になり、泣き出したり、食欲がどんどん落ちてきたかと思えば、極端な過食に走ったり。
毎日、それをサポートする夫も大変なことだったろうと思います。

このままでは、家族全員が疲れきって、取り返しのつかないことになる。
そう思い始めたのが半年ほど前。
カウンセリングを受けてみようと、やっと思うことができました。
とにかく、その悪循環から、抜け出したかった。

介護が大変なら、ヘルパーさんなりをお願いすれば良いのに。と、思う方も多いと思います。
そしてそれは正しい。
けれど、その状態の中にあった私は、それこそ罪悪感にまた繋がる行為だったんです。

どこの家庭も、きっと同じように大変なはず。
それ以前に、たかだか、オムツをかえたり、お風呂にいれたり、食事をさせたり、そんなことが、それほど大変なことなのか?
みんな出来てる、なのに、私だけできない?
甘えてるんじゃないの?
さぼってるだけなんじゃないの?
そんな風に毎日考えていましたから。

そして、他人が家に来るというストレスもありました。
今思えば、そんなことより、何が大事なのか。
景のケアの方が、よっぽど大事じゃないの?と思うことも出来ますが、とても耐えられる状態ではありませんでした。

不眠で、やっと眠れるのが明け方。
景を送り出す準備が出来ない日々。
やっと起きれても、支度をする意欲がわかない。
学校に通うことが出来ない毎日が続いて、それによっておこる、また罪悪感のループ。
周囲の人の善意の言葉すら、自分を責めているように感じられていました。

半年ほど前、毎日の落ち込みに加えて、イライラが常におこるようになって、ちょうどその頃、我が家は引越しを考えていたのですが(景がリビングでもう少し自由に動けるように、リビングの広い家を探していました)、そんな忙しさも加わって、毎日のように家では私と夫の怒鳴りあう声が聞こえていました。

なんでこんなに、たいした理由、きっかけでもないのに、イライラするのか自分でも分からない。
楽しく、家族で仲良く過ごしていたいだけなのに。
何とかしなくては。

新しい家も決まり、新しい家が良い家になるように。
なんとか、気持ちを切り替えて暮らしていかないと。
この荷物を降ろして、新しい家に持ち込まないようにしたい。
そんな理由もあって、主治医に現状を話す決意ができました。

話してみれば、本当にたいしたことではなかったんです。

主治医は、気持ちが明るくなる薬を処方してくれて、私はそれを毎日飲むだけ。
2週間くらい過ぎたあたりからでしょうか。
今までの、なんともいえない罪悪感、落ち込みが、少しずつ軽減されて、何で、もっと早くに相談しなかったんだろうと。
ただ、この効果もひと月ほどで、今現在はまた他の症状がでてきてはいるのですが・・・
それでも、以前よりはだいぶマシな生活がおくれています。
少なくとも、罪悪感でがんじがらめになって、メソメソと泣くようなことはなくなりました。

この一年は、こんな日々でしたが、少しずつ、これから、ゆっくりと。
マイナスを0に戻して行きたいと思っています。
スポンサーサイト

一年半ぶりです。

 20, 2008 17:20
お久しぶりです。
もう、ここを見てくれているお友達はいないかもしれませんが、細々と再開していきたいと思っています。

この一年半、いろんなことがありました。

景史は16歳になり、高校二年生になりました。
低血糖で入院することは減りましたが、まだまだお付き合いは切れそうにありません。

私の方は、もう数年前に鬱状態だったことがあったのですが、それが再発?
結構しんどい日々を送っています。

今日からまた始める日記は、景史の低血糖のこと、食事のこと、日々の暮らしにくわえて、私の鬱だとかを書いていこうと思っています。
書くことによって、自分の気持ちの整理をしたり、どなたかの目に触れて、何かの手助けになれば幸いと思っています。

とりあえず本日はご挨拶まで。

WHAT'S NEW?