明日、退院

 21, 2011 23:26
明日の金曜日に、息子が退院することになりました^-^

今回は、心臓の薬の導入のための入院でした。
どんな薬かというと、薬品名は「アーチスト」
β遮断薬と言うお薬で、血圧を下げて、心臓を休ませる効果があるそうです。

徐々に、そのお薬の量を調整していかないと、低血圧や、心不全を起こす危険性があるため、入院し、心電図などで様子を見ながら、投与量を決めていきます。

筋ジストロフィーの福山型には、あまり、使われたことがないようなのですが、同じ筋ジストロフィーの、デュシェンヌ型やベッカー型などで投与され、効果があがっている薬のようです。

心臓は、筋肉で動いていますから、どうしても、筋肉の病気の子たちは、心臓の収縮率などが下がり、問題を抱えることが多いんですね。
なので、このような薬によって、心臓を少し休ませて予防してあげると良いようです。
主治医からは「心臓を大事に使うためのお薬だよ」と息子に説明がありました。

その薬の導入が、とてもうまく行って、3週間はかかるかもと言われていた入院でしたが、2週間で退院することが決まりました。

しかし!

初日に行っただけで、結局一度も面会にいけなかったことが、心残り・・。


昨夜は、夫くんの仕事が早く終わり、「これから景の病院に行くけど、行く?」とメールが来たので「うん、いく!」と答え、病院へ向かいました。

入院中、ちっとも面会に行けなかったので、お詫びのつもりで16日に発売したばかりの、ポケモンの「ゼクロム」というキャラクターのぬいぐるみを、ネットで買ってあったので、それを持っていきました。

まだ、下痢が続いているので、病棟に入れるか分からなかったので、夫くんが病院につくのを待って、「看護士さんに聞いてきて~」と伝えると、病棟に入った夫くんが、暫くして戻ってきて、困ったような顔をして、両手で「ばってん」を作りました。

あぁ・・やっぱりか。

ぬいぐるみを夫くんに預け「ママからって言ってね!!」と念を押し(笑)車の中で暫く待機してました。

消灯時間を少し過ぎて夫くんが病院から出てきたので「どうだった?元気だった?」と聞くと、「元気だったよ~もうすぐ退院できるの分かってるからさ、あと、すっごく喜んでたよ(笑」
「一緒に寝るって言ってた?」
「うん。言ってた(笑」
ぬいぐるみは、とってもとっても喜んでもらえたようでした^-^


明日退院。
待ち遠しいけど、うるさくなるな~~!(笑
スポンサーサイト

その間にあったこと

 19, 2011 13:08
ロタでぐったりしていたときのこと。

2日目の日中、眠って起きたら、少し熱が下がっているような感じがしたので、測って見ると、やっぱり7度ちょっとに落ち着いていた。
体は、まだまだ痛かったけど、動けるうちに、やることやっちゃおう!と思い(それがダメ)洗濯したり、掃除をしたりしていました。

一休みに、自室の椅子でのんびりしていると、ぷーちゃんがやってきて、わたしの膝に手をかけて甘えてきたんですよね。
「よしよし」と目を細めてぷーちゃんをナデナデして顔を見ると、「え?!」

ぷーちゃんの右目の目頭が、すりむいたように赤くなっている!!

「ちょっと!ぷーちゃん!もっとよく見せて!!」
頭を抱え込んで、目を覗き込むと、やっぱり。。目頭の内側が赤く切れている・・。

そういやぁ・・寝ていたとき・・ぷーちゃんが誰かに追いかけられている物音を聞いたような・・・。


目をしばしばしていないので、たぶん、角膜に問題は無いだろうと思ったけど、午後の診療が始まるのをまって、動物病院に連れて行った。

さすがに、熱で奪われた体力で、重たいぷーちゃんの入ったキャリーを担ぐのはしんどかったけど・・。


結果、やっぱり目頭のところに引っ掻き傷があるとのことで、でも、角膜は無事とのことだったので、ほっと一安心。
「目薬させる?」と先生が聞くので「だいじょうぶですよー!」と、答えると、看護士さんが笑いながら「プロだもんね?」と(笑

うん。
3にゃんの猫風邪の時から、ポロちゃんの角膜損傷まで、ずーーーっと何ヶ月も毎日目薬さしてたしね(笑
もう、チョロイもんよ。

そうこうして、ぷーちゃんを連れて帰り、結局その夜、また高熱に見舞われた。

夫くんは「なんでmomeちゃんは、体調が悪いときに無理をする癖があるかなぁ・・」と呆れ顔。

そうなんだよねぇ・・。
悪い癖なんだよねぇ。
普段、ごろごろサボって生きてるくせに、体調が悪いと、なんだかすっごく頑張っちゃうの。

自分なりに、言い訳があって、なんていうのかな。
体調悪くて寝てたりすると、自分が、ものすごく、役立たずのダメ人間に思えてきちゃうのね。
で、ついつい、ね。


そして翌日。

痛む体で、起き上がって、なんとか水分補給をしていると、一本のメールが着信。

なんだろう?と思ってみてみると・・。


息子の、学校時代のお友達の訃報でした・・・。


しばらく飲み込むことが出来なくて、何度も何度も、メールの文章を読んでいました。

M衣ちゃん・・・。

小学校から高校まで、ずっと一緒のクラス。
小さくて、ほんとうに小さくて、愛らしかったM衣ちゃん。

あまりにも急な出来事で、涙も出ませんでした。


葬儀が、週末にあると、メールに書いてあったけど、わたしは、参列することが出来ないし(誰かに移してしまったら大変・・)その事情を、メールをくれた役員さんにお返事し、ただ、なんとなく、ぼーっとして、過ごしていました。

翌日、また少し熱が下がったので、香典袋を買いに行き、M衣ちゃんのお母さんに手紙を書きました。

手紙を書いていると、今までの彼女の姿が、ちらちらと脳裏を横切って、胸がどんどん苦しくなり、お母さんの気持ちを思うと、どうしようもない気持ちになり、涙が溢れてとまりませんでした。

たくさんの思い出を、ありがとう。と、最後に、M衣ちゃんに伝えたかった・・・。


なんでこんなときに、ウイルスとかに。
もうほんと、わたし、役立たずのバカ。


斎場にお香典を送り、ちいさく、お祈りしました。

心からの、ご冥福を、お祈りします。


子どもが、いってしまうのは、本当に、本当に、いやですねぇ・・・。


そんなこんなで、自分も、周りも大変な、1週間でしたよ。

やや回復気味のわたし

 16, 2011 15:07
おひさしぶりです。
先日は、タキへのおめでとうを、みなさん本当にありがとうでした^-^
お返事、遅くなってしまって、本当にごめんなさい。


実は、11日からこんな感じの日々を送っていました。

***お食事中には不向きな言葉が出てきます***


11日から息子が、心臓の薬を導入するに当たって、その調整で入院をしたのですが。
タキのバースデーの翌日から、その準備などに忙しく動いていたんですね。
美容院に行って、髪の毛を切ったり、入院中には食べられないおすしを食べに連れて行ったり(笑


そして、11日、無事に入院させて、その日は、消灯時間まで病院に居て帰宅。
「あー今日は疲れたなぁ」なんて言いながら、家でくつろいでいると、なんだかお腹がゴロゴロする。
痛くはないのだけど、それから何度も、トイレに駆け込む感じで、ずっと、下してたんですよね。
それで、深夜にベッドに入って、明け方、暑くて目が覚めたんですよ。
それが、明け方の5時。

で、すぐに「なんかヘンだ」って思ったんですよね。
すごく暑いんですけど、汗をかいていない。
こう・・なんていうか、体中が、もやっとした膜に覆われているような感覚っていうか・・。

で、すぐさま、体温計で熱を測ってみたら、38度あったんですよ。
「あ、熱がある・・やっぱりなぁ」と思ったんですけど、結構熱は頻繁に出すので(と、言っても微熱が多くて、38度までは出さないのだけど)「ねつでた~」くらいの感じだったんですね。

でもまぁともかく、熱があるから、「困ったな・・」と。
だって、病棟に、発熱のひとは入れないですからね。
今日は、景のお見舞いにいけないなぁ・・困ったなぁ・・って思っていたんですよ。

それから、また少し寝て、起きたのが8時。
次は、体中が痛くて目が覚めました。

ヤバイな・・これ、熱、あがるかもな・・。

そう思って、夫に伝えて、病院が開くのをまって近所の主治医の所に行ってきたんです。

昨夜から、下痢が続いていることと、発熱と、体中が痛いのを告げ、診察してもらうと、「風邪からくる胃腸炎でしょう」と。
節々が痛いのは、やっぱり熱が上がるからだろうということで、吐き気を抑える漢方と解熱剤と整腸剤を貰って帰ってきまして。
仕方が無いので、息子の病院には夫くんが会社に行く前に立ち寄ってくれて、看護士さんにも、わたしの状態をお知らせしてもらってきたんです。

そして、看護士さんからは、熱があるなら、やっぱり、面会にはきてくれるなと・・。

まぁ、そらそうだ。

仕方が無いので、家でのんびりしていよう。と、思ったのですが、時間が経つにつれ、それどころじゃなくなってきた!

吐く、下す、体が痛い、熱は39度に。

かなりしんどくて、うんうん唸りながら、寝たり起きたりを繰り返していました。
解熱剤もあまり効かなくて、下がっても、8度台だし。

そしてまた翌朝の明け方。
あまりにも体中が痛くて、眠っていることも出来ない状態で、そのまま、救急病院へ。
点滴を受け、インフルエンザの検査、血液検査、レントゲン。

結果、インフルエンザでは無くて、「たちの悪い風邪」だろうということで、同じように、解熱剤と風邪薬を処方されて帰宅。

でももう、ほんと、ふらふらでした。

そして、1日治まっていた下痢が、その日の午後から、また復活。

しかも。

白い。

白い下痢。


なんだこれ・・。

なんていうか、あ、別に詳しく書く必要もないんでしょうけど、言いたいのであえて詳しく書くと、「通常の」消化不良で起こる、白っぽいアレ。ではなく、本当に白いの。
バリウムも飲んでないのに。
トイレの中が、白い絵の具を溶かしたような色になっているの。

えー?なにこれー?

そう思って、ふらふらしながら、ぐーぐる先生に聞いてみると、まず、90%くらいの確率でヒットしたのが、「ロタウイルス」

え?

ロタウイルス?ノロじゃなくて?

ロタウイルスって、アレでしょ。
「赤ちゃん」が、「冬」にかかるやつでしょ?


まさか~!

そう思って、他にはないの?と見てみると。

「コレラ」


いや、さすがにそれは、もっと無いから・・・。


そんなわけで、ロタウイルスの方を、いろいろ調べてみると、まさしく、わたしの「白いの」にぴったりの症状。

え~。
乳児から2歳までの子どもに発症が多く、11月から4月に多く発生する。んだってさ。


43歳で、真夏ですが、ナニカ?


でも、症状を見れば見るほど、ぴったりで、それ以外に考えられない。


さすがわたし!


過去に、授乳中でも無いのに、乳腺炎にかかったり(しかも何度も)、ちょっとしたニキビやバラのトゲが化膿して、切開になったりした、ザ・免疫力低下女!


通りすがりのウイルスだって、貰っちゃうよっ!!(涙



結局、翌日も、あんまり状態がひどいので、また近所の主治医の所に行き、「白い」話を伝え、「ロタの可能性ありますか・・?」と聞くと「症状を聞くとロタだと思うけど・・でも、子どもと接触してないでしょう?」と。


ふっ・・・。


「11日に○○病院(国立の子ども専門病院)に息子を入院させに行きました・・」
「あぁ・・じゃぁ、そこで貰っちゃったかなぁ・・」


ですよね?


普通、大人がロタにかかる場合って、自分の子どもとかが発症して、その看病をしている中で、かかる場合があるって感じらしいんですけどね。
っていうか、感染しても発症しない例も多いらしいんですけどね。


あれだよね。


よく、すっごくセクシーなメンズと「目が合っただけで妊娠しそう」なんてこと、言ったりしますけど。

まさにそんな感じ。(違


わたし、ほんと。
免疫力が低いの自分で、よーーーーくわかってるんで、手洗いとか、すっごくマメにするほうなんだけどなぁ・・。




また、負けてしまった・・・。


で、ロタウイルスに効く薬は、この21世紀にもなる現代でも、まだ無いそうで、ともかく、対処療法を続けるしかなく、解熱剤と整腸剤と、ついでに抗生物質(ウイルスだから、ロタには効かないけど、腸内細菌を整えるのに有効らしいのと、万が一他の原因だったことを考えて念のため処方)なんかも出してもらって、ともかく、飲んで、寝て、出して、休んで。

やっと、昨日、熱が37度台に落ち着きました。


体の痛みが取れたのが、一番うれしい~。


ついでに、体重が減ってるのもうれしい~(笑


まぁ、すぐ戻るんだろうけどさ。



しかし。

こんな状態だったので、息子の病棟に入れず、寂しい思いさせちゃってるなぁ・・・。


早く、なおさんと。

結婚記念日でした

 08, 2011 12:01
7月6日は、結婚記念日でした。

うちは、2回結婚記念日があります。
7月6日の「結婚式」の日と、その前の年の11月3日の「入籍」の日。

結婚式をあげたあと、「結婚記念日はどっちなの?」と夫くんに言うと「両方でいいじゃん」と答えたので、そのまま夏の結婚記念日と秋の結婚記念日って感じに採用されました(笑

入籍して21年。
式を挙げて20年が、まるまる経ちました。

なんとなく、ずっと「恒例」だったのは、夏の結婚記念日には、夫くんが花を持って帰ってきて、秋の結婚記念日は、食事に行く。と、なっていたんですが、今回「結婚記念日、どうする?」と聞いてみたら、「食事に行こうよ」となったので、食事に行くことにしました。

どこに行く?何食べる?と相談し、ネットでいろいろ調べている中、わたしは「お城でフレンチが食べたい!」って思ったんですよね~。
あれですよ、恵比寿ガーデンプレイスにある、お城フレンチ(笑

前々から、1回入ってみたかったんですよねぇ。

それで夫くんに「お城でフレンチはどう?!」と聞いてみた所、「ロブションでディナーとか、子どもたちには10年早い!!」と言われ、まぁ、そうかも・・と思い、こちらは却下されました。
残念無念。

ちなみに、こちらが、「ジョエル・ロブション」
http://www.robuchon.jp/ebisu/

「まぁ、今度ふたりでね」と、夫くんが言ってくれたので、いつかふたりで行ってきます!
たのしみー!(笑

で、どうしようか~と、また振り出しに戻っていたら、息子が「やきにく!やきにく!ぼく、やきにくたべたい!!」

パパとママの結婚記念日なのに、なぜ、息子の意見を・・?と思ったのですが、まぁ、家族で行くんだし、まぁいいか・・と。

それで、焼肉を検索することにしました。

うちが家族で行く場合、やはりポイントとなるのは、「店の広さ」と言うか、テーブルとテーブルの間のスペースかなぁ。

息子の車椅子は、通常のものより大きいし、食べるときにとる前傾姿勢を確保しようと思うと、背中のスペースがどれだけ空いているか、も、問題になるのです。

そして、エレベーターの無い地下だとか、2F以上もダメだしね。

それでいろいろ調べた結果、恵比寿にある、「焼肉トラジ」の「Ginseng」と言うお店に決まりました。
個室もあるので、その方が気兼ねなく食べれるかなぁと^-^

GinsengのHPはこちらから
http://www.ebisu-ginseng.com/

お店についてみると、フロアに入るまでに、ほんの少しの階段(2段ほど)があったので「段差があるね」と夫に耳打ちすると、「大丈夫、持ち上げてくれるって」と予約の時に、それも確認済みのようでした。

スタッフさんが息子の車椅子を持ち上げて、フロアに上げてくださり、その後個室へ。

通していただいた個室は、8名くらいが入れるサイズで、少し広めのお部屋でした。

オーダーを済ませると、最初に出てきたのは、スープ。
これは、オーダー外のもので、このお店のお通しみたいなものなのかな?
高麗人参のスープです。

P1090241.jpg


これが、とっても美味しかった!
独特なにおいも無くて、塩分が丁度良くて、食欲増進?(笑

その後、海草のサラダ

P1090246.jpg


韓国海苔が散らばっていて、とても良いアクセントになっていました^-^

そして、ハラミのあぶり握り。
ごはんを食べないと決めていたので(ダイエッターだから!)この握りひとつだけにしました。

P1090245.jpg


さらに、牛テールの柔らか煮込み。

P1090251.jpg



息子も充分食べられる柔らかさで、美味しかったです。


そしてメインのお肉たち!(笑

P1090249.jpg


タン塩と、カルビ、それから、ハネシタ(ザブトン)と、ミノとホルモン、あぶりレバー。

ザブトンは、息子と娘が大好きな部位のお肉。
柔らかくて、味が濃厚で美味しいんですよねぇ。

それで、さすがにこの時期。
ユッケとレバ刺は、自粛中で置いていませんでした。
残念無念。
ユッケとレバ刺は、わがや全員の大好物なんですけどねぇ・・・・。

最後にデザートを頂いたんですが、わたしと夫くんと息子は、杏仁豆腐を、娘はシャーベットを食べていましたが、杏仁豆腐、とっても美味しかったです。
甘さが、とっても丁度良かった。


お肉もお料理もとても美味しかったし、お店のスタッフさんも、みんなとても感じよくて、良いお店でしたよ~。
お近くの方は是非^-^



夜、眠るときに、夫くんが「これからも、ずーっと、よろしくね」と言うので、「今、同じこと、言おうと思った~」と笑って「よろしくね」と。

21年目か~。
長いなぁ。

人生の約半分、一緒に居るんだもんなぁ。


でも、もっともっと続くんだろうなぁ。

これからも、たくさん、楽しいことがあるといいな。

掌蹠膿疱症

 05, 2011 15:04
例の疾患。掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)。
絶賛活動中です!

何ヶ月前でしたっけ、掌蹠膿疱症のことを記事にしたのは。
あれから、ビオチンを処方してもらったり、頂いたローションを塗ったりして過ごしていましたが、まったく良くならなくて、相変わらず、手足(特に足)は、ボロボロです。

掌蹠膿疱症って、こうやって、手足の「皮膚」に症状が出るので、皮膚疾患と思われがちなんですが、実は、ちょっと違うらしいです。

簡単に言えば、体のどこかに病気の原因となる物事があって、それが原因で、皮膚に症状が出てくる。ってことなので、たとえば、手湿疹とかみたいに、塗り薬を塗れば良くなる。と、いう病気ではないんですね。
もちろん、保湿したり、掌蹠膿疱症が出ている部分は炎症を起こしていますから、それを鎮めたりするために、塗り薬は効果があるんですけど。

しかし、掌蹠膿疱症のやっかいなところは、その「原因」がどこにあるのかが、まだよくわからない。と、いうことなんですね。

たとえば、金属アレルギー説。これは、歯科治療などで金属を使って、それが原因で掌蹠膿疱症になるというもの。
あと、ビオチン不足説。これは、腸内のビオチンが不足して、それが原因で掌蹠膿疱症になるというもの。
他にも、虫歯だとか、喫煙だとか、免疫機能だとか、いろんな説があるようです。

わたしが思うに。
きっと、そのどれもが正しいんじゃないのかなぁ?と。
きっと、アレルギー由来の掌蹠膿疱症のひともいるし、ビオチン不足由来の掌蹠膿疱症のひともいるし・・って感じで。
だから、自分の掌蹠膿疱症が、どれが原因なのか探る必要があるんじゃないのかな~と。
(もしかしたら、総合的なケースもあるだろうし)

でもまぁ、とりあえず、わたしの場合は、複合のような気がするし、前回、漢方で治療したときの効果が良かったのもあって、もう一回、ちゃんと、漢方を飲もうということになりました。

基本、漢方の考え方は、対処療法ではなくて、その人の体を「正常」に近づけるように体を治していくことだと思うので、外因(喫煙とかね)じゃないかぎり、良い結果が生まれるんじゃないかなと。


そんなわけで、昨日は、お昼に息子の病院へ行き、入院の予定を組んだ後、夫くんと吉祥寺の「東西薬局」に行ってきました。

久しぶりに訪れるので、なんだか、怒られるんじゃないかな・・と、ドキドキしながら・・(笑

まぁもちろん、先生はいつも優しくて、怒られるようなことはなかったのですが、前回までのカルテと、舌診などをしながら、漢方を処方してもらいました。

先生と話をしながら、ダイエットもしているんですと告げ、「先生、何かダイエットをサポートする漢方はないですか?あったら、試したいんですけど」と言うと、「うん、あるよ。じゃぁ、お茶がいいかな」と、脂肪を溶かすお茶も処方してもらってきました。

しかし、そのお茶が高かった!(笑
180包で、1万円(1回2包、毎食直前に飲むので、1か月分)
漢方が1万7千円くらいで、あと、UVケアのスプレーだとか、保湿クリームだとかを買って、結局お値段3万3千円ちょっと・・・。

支払い担当の夫くんを、おそるおそる見ると「やれやれ」と言った感じで苦笑い・・(笑

薬局を出た後、「ご・・ごめんね、もうお茶はこれっきりにするね!」というと、笑いながら「まぁ、効果があるならまた続ければいいじゃない」と。

で、そのお茶、「三爽茶」と言うんですが、とりあえず、夕飯前に飲んで見ることに(っていうか、毎食飲まないとダメ!笑)
まず、袋を開けて、においを嗅ぎます。

なんか、甘いような匂いがします。

う・・苦手系の匂い・・・。

わたしは、まず、粉薬がダメ。
それと、苦い味がダメ。
さらに、お茶があまり好きではない。


じゃぁ、なんで、ダイエットティーとか買っちゃうのかしら。


まぁ、それはおいといて・・・。
気づかない方向で・・。

お茶にして飲んでも良いし、そのまま、粉薬みたいに飲んでも良いよ、と、先生が言っていたので、まず、1包を、粉薬の要領で飲んでみました。


にがい・・にがいよーーーーーーー!


うおうおぅおぅお・・。

半泣きのわたしに、家族が「お湯で溶いてみたら?」と。
そうだね、苦味が薄れるかもね。そう思い、もう1包は、お茶にして飲んでみました。


あー・・・これなら・・なんとか・・・・。

普段から、ハーブティや、ウーロン茶を飲んでいる人なら、問題なく飲める味だと思います。
でも、普段から、お茶を飲まないわたしには、ちょっとにがまずかった・・。

おこちゃまでごめんなさい。

しかし、これ2杯飲むのはつらいなぁ・・・毎食だしなぁ・・うぅぅ。
でも、1万円したしなぁ・・飲まないとなぁ・・・・。うぅぅ。


これで、ダイエット効果が見られなかったら、本気で泣く!

とりあえず、この夏は、本気ダイエットと、掌蹠膿疱症の治療をがんばります!

まぁ、掌蹠膿疱症に関しては、3年くらいが目安といわれたので、地道にコツコツね。

吉祥寺東西薬局HP
http://www.tozai-yakkyoku.com/kichi.htm

猪越先生は、名医だと思いますよ。
昨日も、たくさんの相談の方が見えていました。
特に、女性が多かったですね、婦人系の漢方にも強いようです。

WHAT'S NEW?