自律神経とか

 20, 2017 11:07
しかし、この暑さ、なんとかならないですかね・・・・・。

と、言っても夏ですし、何ともならないのも知っているんですが、この数日かなりバテていたようです。


DSC_3006.jpg


数年前、なんだか体調不良が続くけど検査では何も出ない。みたいな状態があった後、結局バセドウ病になったり(検査の時点ではバセドウ病とみられる症状は無かったんですけど、予兆みたいなもんだったんでしょうかね?)したことがありましたが、またその何年か後、甲状腺ホルモンのコントロールが出来てきた後、つまりバセドウ病は調子よくなってきたころに、またなんか不調が続き始めたんですよね。

まず、動悸が頻繁に起こることと、汗がとにかくすごいっていうのが代表的な症状で、バセドウ病の時はその症状があって普通なんですけど、数値的に良くなってきたころから、ますます悪化したんです。
ちょうど9月の頃で、夏の暑さも少しずつ和らいできたというのに、わたしは汗だくで、しかもほぼ頭に集中して汗をかくので大変お見苦しく、しかも動悸もあるもんだから、なるべく外に出たくないなぁみたいな感じでした。

ちょうど年齢も年齢なので、頭に汗をかくならホットフラッシュよ、更年期、更年期、仕方ないわよ~。みたいな感じで周囲の人は言うし、まぁ、そうなのかなぁ・・・と思ったりもしたんですけど、ホットフラッシュを調べてみると、どうもちょっと様子が違う。
「顔がほてって急激に暑くなる」みたいなことがほぼどのサイトや本を見ても書いてあるんですが、わたしの場合は、ただ急に汗が頭から噴き出てすごい量の汗が流れ落ちてくる。という感じで、顔がほてるとか、暑いとか、そういう感じでは無いんです。

そしてそれはだいたい80%くらい、いやもっとかな?の確率で寝てるときか目覚めた瞬間になることが多くて、例えば電車で少し居眠りをしたとして、「はっ」と目が覚めると、その瞬間に汗が噴き出して流れてくる。と言う感じで、これはなんなんだろう?と思っていたんです。

で、自分の症状を検索ワードに連ねると、必ず出てくるのは「自律神経失調症」だったんですよね。

まぁ結局、いろんな不定愁訴があったので病院で検査をしたんですけど、例えばホルダー心電図を付けて、「動悸がしました」チェックを入れてみても心電図には表れてないとか、頭や胸のCTを撮ってみたけど何も異常が無いとか、なかなか健康であることが判明するばかりで、結局ドクターも「精神的なもの」としか言いようがなく、安定剤を処方するくらいしか出来ないって感じだったので、今はとん服でそれを飲んでいる状態なんですが、要はやっぱり「自律神経失調症」ってことですよね。
その検査をした病院では、「自律神経失調症」について懐疑的で、その言葉での診断はおりませんでしたが。

で、それが最近、まぁこの半年から1年くらいかな?ますます悪化していて、これはたぶん、もう想像ですが、自律神経失調症に更年期症状もプラスされたりして、そこからまたいろんな余波が起こっているような気がしています。

中でも一番つらいのが、体温調整がうまくいかないってやつでして、ものすごく汗をかいて頭から汗が流れ落ちているのに、体がめちゃめちゃ冷えているとか、暑くて暑くてたまらないのに汗が出ないで体温が発熱レベルまで上がっちゃうとか、そういうことが頻繁にあって、特に冷えてるのに汗(つまり冷や汗?)が出てくると、手足の先は暑くてうわーーーっとなってるのに、体が冷えて震えてたりして「暑いのか寒いのかどっちかにしてくれ!!!!」と叫びたくなるくらいしんどいです。
昨夜もタオルケットかぶってクーラーつけてましたし。
どうしたらいいのか、自分でもわからないんですよ。

それに加えて、そういう症状が出てるとき、三分の一くらいの確率で、気持ちがモヤモヤすることがあって、胃が痛くなって気持ち悪くなって、モヤモヤというか、ワキワキというか、すごい焦燥感が襲ってくるんですね。
で、時々ですが、突然泣いたりするんです。
大抵はイライラ、アセアセで済むんですけど。
そういう時は迷わず安定剤を飲むんですが、これがまた利きが良くて、あっという間に、さっきのワキワキはなんだったの?ってくらい普通の状態に戻ります(それも怖いけども!)
でも、体温調節まではすっきり治まらなくて、そっちは若干和らいだ。ってくらいなんですけどもね。
それでもかなり楽になるので助かっています。
ちなみにわたしが安定剤として飲んでいるのは「ソラナックス」と言うお薬です。

あと、一説によると自律神経は首の付け根、肩のあたりですね、そこいらへんから少し背中にかかるあたりに「ある」らしく、そこが凝っていたり冷えていたりすると良くないとのことで、実のところわたしも、そこはガリガリに凝っていて、具合が悪いなーと思うとキンキンに冷えていたりします。
そこをほぐしたり温めたりするだけで、すこ~し良くなるので、お悩みの方にはお勧めです。

そんなわけで先日、あんまり辛かった日の翌日に(あんまり辛いときは動けないので)近所の整骨院に行ってきました。
症状を伝え、介護をしているなんて話も交えながら先生とお話ししてたんですけど、いざ、施術にかかったら先生が「んんっ・・・・・」と声を漏らす。
「かたい・・・ですね・・・・・」

ええ、よく言われます。

マッサージに行けば必ず言われますし、美容院とかでも「え?」って感じで驚かれますし、一番好きだったマッサージ師さんにも「指が入って行かないんですもん(笑)」とかよく笑われていましたし、かなりの頻度でマッサージをしてくれる夫も「指が・・・・」と折れそうになるようなことを言われていましたが、今回の先生からは。

「私も数千人診てきましたが・・・・その中でも・・・・なかなか・・・・・・」って言われました。

ぶっちゃけ、そこまでとは思ってなかったよ。


まぁ、メンテナンスはこまめにしましょうってお話しでした・゚・(つД`)・゚・



ランキングに参加しています。
クリックいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 介護ブログ 介護と育児へ
にほんブログ村







スポンサーサイト

今更学ぶこと

 09, 2017 14:27
その昔、娘がまだ小学校の低学年だったころ、「音読」の宿題がほぼ毎日ありました。

毎日、夕食の支度で忙しくしている時間帯に、毎日ほぼ同じお話を聴いて感想を書いてハンコを押す。
ほんの数ページだし、時間にしてもほんの数分のことなのに、わたしには面倒くさくてしょうがなかった。
宿題だから仕方なく聴いていたけど、料理を作りながらだとか、なんか違うことをしながらとか、わりと適当にやっていた。
今、こうして書いていても、可哀想なことをしていたなぁと、思う。

家事でも育児でも外で働くことにしてもなんにしても、「やること」に手間暇をかけることは際限なくできることなんだけど、でもそれを毎日毎日続けていくことは、日々の暮らしの中で本当に大変な労力が必要だったり効率が悪かったりすることもあるので、大抵の人は「だいたいこの辺で」と、自分なりの匙加減でそれを決めてやっていくもんだと思うし、それは全く否定しないんだけど、その匙加減がどう考えても甘すぎる怠け者もいる。
まぁ、わたしのことなんだが<(`^´)> ←威張れることではない。

最近、特にそれを感じるのが、息子と一緒にやっているゲームで、前にも書いたけれども息子は3DSというゲーム機の(と、言うか、ゲームのコントローラーのほとんどの)LRボタンが押せなくて、(手が握ったまま開かないので)ゲームに支障が出ている。
LRボタンってのは、アイテムを使ったり走ったりパズルを解いたりね、結構いろいろ使う。
だからLRボタンを押すことが出来るように、友人知人や、訪問リハビリに来てくれているPTさんやOTさんに相談してみたりしているんだけど、あまり良い手段にまだ巡り合えていなくて、まぁ、仕方がないのかなぁ。。とも思っていた。
時々ネットで流れる「神対応」と呼ばれているゲーム会社とかに、お手紙のひとつでも書いたらいいのかしら?と思うこともあったけど、なんとなくしないでこのまま来てしまった。

で、そんな中、わたしがモンハンを始めたときから、ずーっとわたしとケイをサポートしてくれているフレンドさんが、パネルカスタマイズのことを教えてくれたのがちょうど1週間くらい前だったかな?
パネルカスタマイズと言うのは、やっているモンハンと言うゲームで、3DSの画面が上と下に分かれているんだけど、下の画面にいくつかの操作ボタンを配置できるようになっていて、アイテムを並べてみたり地図を表示させたり自分の使いやすいようにカスタマイズできる。
それは一応以前から知っていて、たぶんケイの通う施設の職員さんが「こういうのがケイくんには必要かな?」と考えてくれたものをセットしてあって、すごく時間をかければ押せないこともない感じだったので、まぁ、もうちょっとケイにあった感じで並べ替えをしてあげようかなぁ。と、思ってはいたものの、説明書を読むのがちょっと面倒で、なんとなーくあとでやるかな~と思いながらずっと放置していたんですよね。

で、フレンドさんが自分のセットを写真に撮って見せてくださって、ケイくんが押せなければ、momeさんが横から押してあげればいいし。みたいに言っていて、「あ、確かに、その方がLRボタンを代わりに押してあげるよりずっと楽だわ・・・」と思って、じゃぁ、ちょこっと見てみるかぁ・・・と、重い腰を上げたんですよ。

そしたらもう!すっごいの!

ケイの右手が乗っかっているABXYボタンのすぐ横に、アイテムを選ぶことが出来るボタンを置いてみたら、なんと!ケイが少し手をずらすことが出来て、自分でアイテムを選べたんですよ!!!(しかもカスタマイズは全然難しいことは無かった)
隣で見てたわたしは「えーーーーー!」だし、やってる本人はめっちゃ顔を赤くして興奮して喜んでるし、おまけにどや顔だし。
今までの悩みはなんだったのーーー?って感じですごかった。
フレンドさんにめちゃめちゃ感謝の気持ちと、怠けていた自分に喝だよねぇ。って。

DSC_3090.jpg

いくつかボタンを並べてあるけど、ケイが押せるのは「アイテム選択」のやじるしと、スキルを使うところと、一番右下のボタンの3か所。
いやいやこれでも本当に充分すぎるほどで!
ケイのゲームのパフォーマンスが劇的に上がりました。

こういうことが一緒にゲームを始めてから何度となくあって、モンハン部のお友達とチャットをしている時も、お母さん頑張ってるねーって言われて、「子どものドリル見てるみたいだよー」なんて返したことがあったんですけど、本当にそんな感じで、ほんの少しの時間で良いから、子どもと向き合うっていうか、何かを見てあげるっていうか、そういうのって本当に大切なことだったんだなぁって、ほぼ子育てが終了した今更に思ったわけなんですよね・・・。

手抜き育児で本当にうちの子たち、可哀想なことしたなぁ・・・・って。

もちろんね、今育児真っただ中のひとは、いっぱいいっぱいで「そんなこと言われてもこれ以上出来ないよ~」って泣きたくなると思うから、こうしたらいいよ!なんてことは言わない。
でも、こういう後悔もあるよーってことを心の隅っこにおいといてもらったら、たまーーーーーーーに思い出してくれたら。って感じかなぁ。

そういうのが、なんの苦もなくできているひとは、ただもう、本当に純粋に、すごいなぁって思う。
そういう人に憧れるけど、しょうがないよね、器が違うんだもん。
自分は自分の器の中で出来るだけ、だよね。


あ。


それをやってなかったからの後悔なんだった!(´∀`*;)ゞ




ランキングに参加しています。
クリックいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 介護ブログ 介護と育児へ
にほんブログ村






WHAT'S NEW?