引き寄せられるもの

 23, 2017 19:33
先日、録画してあった「あん」という映画を観ました。

樹木希林さんが主演の映画です。
http://movies.yahoo.co.jp/movie/%E3%81%82%E3%82%93/351330/

いやぁ、なんかもう、本当に素晴らしい映画でした。
相変わらずボキャ少な目でお送りしてますが。
166828_01.jpg

実は、どんな映画か全く知らなかったんですよね。
たぶん、テレビやCMなどで、なんとなくタイトルを知っていて、しかもそれが、どことなく評判が良いようで、わたしとしては、和菓子屋のおばあちゃんとその周辺の人々との関わりかなんかを書いた、ハートフルなお話しなんだろうな。くらいに思ってたんです。
で、なんとなく、話のタネに見てみようかなぁと。

そこで最初のシーン、なんの変哲もない朝のシーンがあるんですけど、それを観た瞬間に「あ、これ、いい映画だわ、たぶん」って思ったんです。
それで少し期待が上がって、そのまま見続けていました。
まず、男の人がどら焼き屋さんをやっているんですけど、その店にはイートインスペースがあって、中学生の女の子たちが小鳥みたいにしゃべりながらどら焼きを食べてるんですね。
男の人は、たぶん、ちょっと煩いなと思いながらも適度な距離を保ちながら、どら焼きの皮を焼いているんです。
しばらくして、複数の女子が帰り、ひとり静かな女子がやってきたころ、アルバイト募集の張り紙を見た老女が、お店で雇ってもらえないか聞いてくるんです。

さすがに老女すぎて、男の人は適当に流しながらやんわり断るんですけど、老女、くじけないんですね(笑)
で、自分の指はちょっと不自由だから、時給が300円でいいとか200円でもいいの。なんていいながらね、変形してこぶなどが出来た指が画面にうつるんです。
その時、「あ。」って思ったんですよ。

指の変形が出る病気なんてたくさんあります、良く知れたリウマチなんかでも出ることがありますし、ヘバーデン結節ですとかね、いろいろあるんです。
でもそれを見た瞬間に、「あ。」「ハンセン病だ」と思ったわけです。

他の人もそうだかわからないですけど、わたしは、「理由はわからないんだけど、ちょっとこれに興味がある」というか、惹かれるというか、無視できない。みたいなものがいくつかあって、その一つがハンセン病なんです。

本当に理由はわからないんですが、テレビなどでハンセン病のことをやっていると見ないではいられない。
自分の中で、なにか、とても大切なものがあって、その根本みたいなものが、ハンセン病の歴史ですね、差別とか偏見とかね、それを国ぐるみでやっていたことが、なんかもう本当にやり切れなくてですね、それを思うと「きちんと知らなくては」みたいな感情が動くというか・・・いやもう、うまく言えないんですけどハンセン病の歴史の何かが、わたしの琴線に触れるんですね。
だから、その指を見た途端、「この映画はきちんと観なくては」とスイッチが入って、隣で寝ていた夫をたたき起こし、「この映画はきっと良い映画なので一緒に観よう!まだ30分も観てないので!」と言ったわけです。

どんな映画なの・・・?と聞く夫に、「知らないけど」と前置きをしてから、30分くらいのあらすじを話し、「指」のことを告げて「たぶん、ハンセン病だと思うんだ」と言うと、夫はすぐに「あぁ」と納得してくれました。


そして案の定というか、まんまというか、わたしのツボに刺さりまくったこの映画は、わたしをボロボロに泣かせて、夫の膝の上で眠っていたわたしの愛猫のポロが、わたしを心配してニャァン!とわたしの顔を覗き込み、ぺろぺろと手をなめたりしながら慰めにやってきて、わたしはポロの背中を撫でながら「大丈夫よ、大丈夫よ」と安心させないといけないのでした。
DSC_2246.jpg

しかし、樹木希林さんは、すごい役者さんだなぁと、あらためて思いました。

とても良質の映画です。ぜひ。



ランキングに参加しています。
クリックいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 介護ブログ 介護と育児へ
にほんブログ村






関連記事
スポンサーサイト

COMMENT 4

たんぽぽ・ママ  2017, 02. 23 [Thu] 23:37

私もこの映画、録画しながら結局ずっと見ていました。いい映画でした。
家族で無言で見入ってしまいました。

Edit | Reply | 

サ・エ・ラ  2017, 02. 24 [Fri] 00:45

こんばんは。
この映画、評判良かったですよね。
私はまだ見ていないんですが・・・・・
例によって原作が出たときに読んじゃってたので、見そびれてます。

ハンセン病のこと、実は私も・・・・
何か番組やってると見てしまいます。
今も療養所に暮らしている方々の、里帰り旅行のドキュメンタリーを覚えています。
実家にはゆかず、ふるさとの名所だけに立ち寄ってた・・・・。

どの命も、一度きりのものなのに。
もっと大切に、もっと思いやって暮らせなかったかな。
と、悲しい。
もっと知らせないと、知らない世代ができてしまいますね。
良い本や映画ができて、よかった。

Edit | Reply | 

mome(旧ぷぅ)  2017, 03. 03 [Fri] 07:14

>to たんぽぽ・ママさん

本当に良い映画でしたよね。
押し付けがましくなく、「ちょっとあなたたち、考えてみなさいよ」って言われているようで。
小さなうちに、観ておいてもらいたい映画だなぁって思いますね。

Edit | Reply | 

mome(旧ぷぅ)  2017, 03. 03 [Fri] 07:21

>to サエラさん

わたし、原作があることも知らなかったんですよ、映画を観てあんまりにも良いので検索して知ったんです。
だから原作でどのような形で描かれているのか、ちょっと興味があります。

わたしも以前、ドキュメンタリーを見たときに、名前をね、変えて暮らしている人が多くいると知って。
それが自分の家族が差別されたり、迷惑が掛からないようにするためにそうしてると知って、すごい衝撃を受けたんです。
こういうの、あっちゃいけないよね。

今、若い世代の子たちは、ほとんどこの病気を知らないんじゃないですかね。
うちの娘も、ぼんやりとしか知りませんでした。
きちんと知らないと、差別はまた生まれますね。
知ること、それ以外ないですね。

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?