心のボリューム

 06, 2017 19:44
眠る前に、夫とよくドラマとか映画を観てるんですけど、夫が入院していた時に「パソコンで何か観ようか?」と言う話に。
今、動画を観られるサイトがたくさんありますけど、お互いにアマゾンのプライム会員だったこともあって、アマゾンプライムビデオに決めて、どれがいいかなーとラインで相談してました。

いやぁ、便利な世の中になったもんだなー。

海外ドラマが好きでいくつか観てるんですけど、ちょうど観ているシリーズの最新作は取り扱ってなかったので、いくつかチョイスしてみた中で、すごくお気に入りになってしまったドラマと出会いました。

【パーソン・オブ・インタレスト】


poi.jpg


これ、本当に面白いんです。
脚本がすごく良くて、マンネリ化しない、飽きさせない、とってつけたような感じがない、展開やタイミングが絶妙、キャラ付けがしっかりしている、物語もセリフもいい!
さらに、キャストのそれぞれがとても魅力的で引き込まれる。
今までいくつかお気に入りのドラマはありますが、わたしの中で確実にベストスリーに入るドラマです。

それで、今、シーズン3を観ているんですが、そこに出てくる登場人物の一人「ショウ」が、嬉しいとか悲しいとか、そういう感情がわからない、怒りの感情だけ少しわかる。という設定なんですね。
なにかの発達的な障害があるのかもしれないです。






以下、ネタバレがありますので、かまわない方だけご覧ください。










そして自分は、そういう感情を持ったことが無くて、幼いころから人と自分はどうやら違うと思って生きてきたと言うことを、ある事件で命を助けることになった少女に告白するんです。

そしてその命を助けてもらった少女はショウに感謝して、その気持ちとして自分が大事にしていたメダルを渡すんですが、メダルを見たショウは「こういうの(大事なものをもらっても)、何も感じないんだけど・・」と言うんです。
それに対して少女は「知ってる」と、当たり前のように返事をします。
さらに少女は「あなたはそういう感情が無いんじゃなくて、心のボリュームが小さいだけなのよ、古いカセットレコーダーみたいに、だから耳を澄ませて良く心の声を聴いてあげて」と、これは正確なセリフじゃないですが、このようなことを言うんです。
(お話しの中にいくつもの古いカセットレコーダーが出てきたので、そのようにと表現している)

なんていうか。

ボロっと、ふいに、意表を突かれて、涙がね、ボロっと零れ落ちたんですよ、わたしのね。

なんだこれー、こんなこと言うー?えー、すごいんだけど・・・。

その後の数日間は、このことばっかり考えてました。


他にもね、わたしの心に響く言葉がたくさんあって、最初はすごく面白い!と思ってわくわくしながら見始めて、その後、いいね~と感心をもって見続けて、今シーズンは結構心に響いて泣くことが多いです(笑)

まー、かなりおすすめのドラマなので、お時間のある方はぜひ!
ちなみにわたしは、日本語吹き替え版で観ています。


*****追記*****

後日談です。

先日、パーソン・オブ・インタレストをすべて観終わりました。
最近よく聞く「〇〇ロス」になりそうなほど、素晴らしく面白いドラマでした。

この上記の登場人物、名前をショウと言いますが、ショウは他の登場人物であるルートと深い深い絆で結ばれることになります。
そのルートが伝えたかったことをショウは「マシン」から聞きます。


「あなたは自分がおかしいと思ってきた。他の人たちとものの感じ方が違うから。
でもルートは、それがあなたの美しさだと思ってた。
彼女には見えてたの、あなたの形は真っすぐな線、一本の矢。」

形もひとそれぞれで、美しさもひとそれぞれで、何を美しいかと感じるのもひとそれぞれで。

あなたはあなたでいい。


ランキングに参加しています。
クリックいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 介護ブログ 介護と育児へ
にほんブログ村







関連記事
スポンサーサイト

COMMENT 0

WHAT'S NEW?